口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

剣ケ峰:富士山の最高峰、その他によくある山の名。剣さきのようにするどくとがりそびえた蜂という意味。鎗(檎)ケ岳、鎌ケ岳、鎌尾根、剣岳(ツルギダケ)、剣山などというのもにたような意味。

 

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

御殿場:富士山の東麓の市。もと杉中村といったが、元和3年(1617)に幕府が家康の遺骸を久龍山から日光へ移す時、ここに仮御殿を建てたのが地名となった。黄瀬川と酒勾川との分水界で、海抜450m。仮御殿のあったところは旧御殿場といって、今の駅のある市街部の北1kmほど(吉田東伍地名辞書)。

 

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

愛陰山、足高山:富士山の南南東の山(1188m)。もと-シタカ山といった。愛の字を-シと読むので、愛の字をあてて愛ぼ山と書いて-シタカヤマと読んだが、これをアシタカヤマと読むようになった。また足高山とも書いて、「山の背くらべ伝説」があるOむかしモロコシの国から、富士山と背くらべしようとして、やってきた。それを足柄山の明神が生意気だといって足でけってくずしたので、山に頭がなく、ひくいのだという。そのとき、けくずした土石で海を埋めたてたのが浮島ヶ原だという。「愛らしい」ことを-シというのは欲(ホシ)に通じると大言海はいうO満州語ではhaji、タイ語ではhat。アイヌ語ではhatcho、マレー語ではkashi、ペルシャ語では「美しい」ことをhasinというが、日本語の愛(-シ)とにている(hとk…

 

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報