口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

粟野:栃木県上都賀郡粟野、福井県敦賀市粟野、大分県玖珠郡九重町粟野など。もし当て字でないとすれば、粟野とは、粟畑とでもいったような意味か。それにしてはすこしおかしい感がある。山本直文氏は、アイヌ語地名の残存と考えてapa-no(平野から峡谷への入口、峡ロ)の配りア-ノ、アワノの当て字かという。粟野という地名は、まだ山形、福島、茨城、千葉、長野、福井、岐阜、三重、京都、岡山などにあるが、実際の位置、地勢が、このアイヌ語のようになっているかどうか。

 

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

安蘇郡:栃木県西南隅の郡。麻を産したから、麻生(アサフ>アサオ)または麻緒(アサオ)がアソと靴ったものか。麻績(オミ)という邦も、むかしここにあった。いま同郡田沼町に大字小鬼(オミ)があるのは、その名残りだという。

 

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

日光:栃木県西部、日光国立公園内の市。もと二荒(フタラ)山神社をまつった山であったが、僧勝道が延暦年中に神宮寺を建てた時、記文を空海弘法大師に頼んだので空海が「補陀落山記」を作った。補陀落(フダラク)は二荒(フタラ)に関係させたもの、二荒を二荒(エコウ)と読んで日光仏に関係させた。このように、訓読すべきものを音読したり、音読すべきものを訓読したり、またもとの訓読とはちがった訓読をしたりすることが、地名の上ではしばしばあるので、思いもよらぬような変化をすることがある。たとえば阿渡(アノ)>アコキ>アコギ(阿漕)、焼津>益津(ヤキツ)>(ヤイヅ)>マシヅ(益辞)、石背(イヴセ)>イワウシロ>イワシロ(岩代)、務古(ムコ)>ムコウ(六甲)>pッコウ(六甲)など。三島敏雄氏はいう一一宇都宮の神は古…

 

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報