口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

今木、今来、今城、新漠:今木は京都、_奈良、大分などに、今来、新漢は奈良に、今城は岡山にある地名。今乗が本字で、その他はみな当て字。今釆とは「新来住老」「新帰化民」の意味。だから「新しく帰化してきた漢民族」の意で、「新漢」をイマキと読んだのであるO「今」とは「新」の意。

 

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

厚岸:根室の国の郡名、町名、湖の名、湾の名。アイヌ語アツ・ケシ・I(ニレの・下の・沼)、またはアツ・ケ・ウス・イ(こレの・皮を・すくいけす・ところ、すなわち沼に漬けておいたニレの木の皮がなくなったところ)のなまりの当て字という。また、アツイ・ケシ(海の・しものはずれ)の当て字か。バチェラーほアツケシイ(カキのあるところ)で、カキの養殖場があるからだという。

 

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

厚床:根室の国根室郡の国鉄の駅。アイヌ語アットリ(ニレの木の・生え出るところ)の当て字(駅名の起原)。

 

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報