口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

在、及位:山形県の北部、秋田県との界の峠に及位(ノゾキ)峠(矢立峠、雄勝峠)があり、その南ふもと真室川町に及位(ノゾキ)がある。また秋田県西南部の由利郡大内村に及位(ノゾキ)という部落がある。また山形県東南部の東置賜郡川西町に、荏(ノゾキ)という部落がある。在の字はノゾム(臨)という字だが、それをノゾク、すなわちノゾムこととして、ノゾキと読む。及位とは「位に及ぶ」すなわち「位置につく」、すなわちノゾム、ノゾクだから、ノゾキと読む。ノゾキという語の意味はわからない。島根県東部の安来市に野外(ノソギ)、新潟県西南部の新井市に除戸(ノゾキト)という地名があるが、ノゾキとは、「除外した民戸」の意で、余戸(アマルべ)、余部(アマルべ)と同義の地名であろうか。山みちなどの下り坂になるとところで、急に向…

 

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

五箇所、五カ所:山形県最上郡に昔、五カ所の地名があったのを、空閑、後閑(ゴカソ)の意だろうと青田東伍氏はいうoゴカソとは、荒地を開拓したところの意。五カ所という地名は、奈良県北蔦城郡、三重県度会(ワタライ)那、宮崎県西臼杵郡、新潟県中頚城郡などにある。

 

口コミ情報

[PR] 全国の地名・駅名の由来

禿岳:山形県最上郡の東境、宮城県玉造郡もと鬼首村にまたがる山(1262m)で、鬼首相では鏑(カブラ)岳というのは、形が鏑矢の鏑に似ているということか。山頂が2峰に分れている。草木が生えていないので、-ゲ山という意味でカブpダケ(禿岳)というOカブpとは、-ゲということ。鏑(カプラ)岳のカブラは、このカブT2の害化りで、同語かと思われる。

 

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報

口コミ情報